未来への道しるべ2012

あなたの住むこの地球。未来ではどうなっているか分かりますか?実はもうすぐ宇宙規模の大イベント、アセンションがあります。その時人類は異星人と対面します。地球や人類は変わります。すべてが変わります。それをお教えします。
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>                                                      六つのランキングに参加しております。                                                                                                                                              なにか感じることがあれば一つでもいいので一票いただけると嬉しいです。                                                                                                                                                           クリックをするだけで投票できるシステムです。                                                                        こちらのクリックもお願いします。                                                                                                     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ                                                                            この事をより多くの人に知っていただくために、クリック宜しくお願いします。                                                                                                            __________________________________                 無料でできるクリック募金!ご協力お願いします。                                    世界に笑顔を、緑を、幸福を・・・クリックするだけ!                                                                       イーココロ!クリック募金        ←クリック!                                           クリックするだけで、無料で募金ができる夢の新しいビジネス方法。                                          子供達の笑顔のために・・・まずはクリック                                                   __________________________________

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

訪問そしてコメントありがとうございます。

2年間もの間ブログの更新が滞っておりました。

まったくブログの更新をしていないのに、毎日のように100人以上もの訪問者、そしてコメントも沢山いただきました!

メールも沢山いただき、中にはまたブログの更新をして欲しい!!というお願いをする方もいました。

沢山の応援コメント、メールに非常に感謝しております。



さてこの2年間、私は猛烈な変化の渦の中にいました。

かなり忙しい日々が今でも続いております。


2年間の間にアセンション関連で大きな変化がいくつもありました。

皆さんも変化を感じているのではないでしょうか?

特に今年は地球規模の異変が沢山ありましたね。

気象に、経済に、政治に、外交に・・・

変化、変化、変化の中でついていけなくなり、投げやりな人間が多くいるのも事実。

決して投げやりにならず、ついていこうと努力してください。

1番楽なのは直感にまかすということです。

心に余裕ができたら是非まわりの人にも手助けを!



私もブログの更新ができるときにします。

(以前ほどの頻度ではないでしょうが・・・)

どうぞ、これからも宜しくお願い致します。

                 高居 翼
スポンサーサイト
私事 | コメント:4 | トラックバック:1 |

記事更新予定9月28日~



こんにちは。
ご存知の通りこのブログは主要記事と一般記事の2パターンの記事に分けられています。

主要記事は最新記事の上にすべて掲載していますのでクリックして読んでいただければいいかと思います。
一般記事は時間があるときに呼んでいただければいいと考えています。

さて、主要記事ですが8月4日のスマイルメッセージbyシリウス(2)更新を最後に新たな記事が書けていません。
記事自体は用意してあるのですが、公開できる具合に仕上げることができないでいました。

やっとできてきたのでいよいよ公開となりますが、現在世界のあちこちにかなり多くのメッセージが降りてきています。
あちこちのチャネラーやワンダラー達にメッセージが多く届くようになりました。
なぜ多くなったのかはこれからの記事で分かると思います。
現在はそのメッセージをお届けすることが最重要だと考えていますので、私の書いた記事の公開がまたもやできなくなりました。

と言うよりも、公開が遅れます。
メッセージ記事の後に公開することが決まりましたのでお伝えいたします。
色々と迷惑かけましたが、これからも宜しくお願いします。
     
                              高居 翼

次の記事更新は本日午後5時00分です。お楽しみに!

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
六つのランキングに参加しております。なにか感じることがあれば一つでもいいので一票いただけると嬉しいです。クリックをするだけで投票できるシステムです。

        こちらのクリックもお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:

私事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

†動物の十戒†(犬の十戒)

†動物の十戒†(犬の十戒)

前回は「最愛のペットの死」と言う記事で少しお騒がせしました。

結局あの後、子猫は亡くなってしまいました。

相当苦しみ、相当怖がっていました。

結局あの子が旅立ったその瞬間は見ることができませんでした。

最後までそばにいる予定でしたが、寝てしまいました。

彼もそれを待ってたのだと思います・・・


今日、しっかりとやるべきことをやりました。

我が家からまた一人の天使がいなくなって、

今となって改めてその存在の大きさが伝わります。

どんなに小さな動物であろうと、まるでいないような子であろうと・・・

実は大きな存在だったりもします。

あの子の肉体は我が家からいなくなりましたが、魂は我が家にい続けています。

私が彼を忘れないように、彼も忘れないでいてくれるでしょう。

またどこかで会えると信じます。

彼をかわいそうとは思いません。彼は我が家での人生を完了したのですから・・・

寂しい気持ちは残ります。が、悲しむようなことはしません。

これからも毎日彼と会話し、楽しい日々を送り続けます。



今回はある、有名な詩を紹介しようと思います。

本当に有名で今では映画にもされていますね。

† 犬の十戒 † です。

この詩、今映画となっている『犬と私の10の約束』のもとですね。

少し内容は変えられていますが・・・

†犬の十戒 †と言う詩は、インターネットに姿を見せた作者不明の詩です。

この詩は多くの人々の心を動かし、気づきを今でも与え続けています。

犬の話ではありますが、私はこれを犬のこととして読みません。

すべての動物に当てはまることだからです。

「犬の・・・」とは読まず、「動物の・・・」と読んだほうが良いのかもしれませんね。

私もこの詩を読んで強く心を動かされた人のうちの一人です。

是非、今ペットを飼ってる人、またこれから飼おうとしてる人には読んでほしいです。

そして、あることに気がついてほしいのです。


† 犬の十戒 †(犬の飼い主のための十戒)
The Ten Commandments of Dog Ownership

1. My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will
be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2. Give me time to understand what you want of me.
私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。

3. Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.
私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。

4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5. Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.
時には私に話しかけて下さい。たとえ貴方の言葉を理解できなくても、
私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。

7. Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
私を叩く前に思い出して下さい。 私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
私は貴方を噛まないように決めている事を。


8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.
言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと。
貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱っては いないだろうか?


9. Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.
私が年をとってもどうか世話をして下さい 貴方も同じように年をとるのです。

10. Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it, or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.
最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい 「見ているのが辛いから」とか
「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて 言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、 私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい 私が貴方を愛していることを。


Author Unknown
作者不明

訳:YORISUN

こちらより引用


以上がこの詩です。

動物達は地球に、私達に与えられた宝です。

彼らなしには人間は生きていけません。

まずはそれに気づいてください。


もう1度、波動を受けながら、よく考えて「犬の十戒」を見てみてください。

☆★☆★(カルマ数UP)魂の次元をあげるためにやっておくと良い事☆★☆★

◎愛情を形に表そうとしないで下さい。

 無理に無駄な言葉を並べる必要は無いのです。

 本当の愛は形にしなくとも伝わりますから・・・


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
六つのランキングに参加しております。なにか感じることがあれば一つでもいいので一票いただけると嬉しいです。クリックをするだけで投票できるシステムです。

        こちらのクリックもお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:

私事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

最愛のペットの死

最愛のペットの死      ←曲を聴きながらの観覧可


私事ですが・・・

今日はなんと言うか、死のエネルギーが漂っていました。

本当に冷たい。冷たいエネルギーが・・・

だから今日はブログを更新する気にもならなかったし、

今日はもうどうでもいいやと言う私がいました。

ただ、今はこうして椅子に座ってキーボードを片手でたたきながら、

膝に今からあっちの世界へ飛び立とうという最愛の猫を抱いています。(21:11)

今はまだ、頑張って息をしています。(21:14)

実は我が家には数年前から猫が2匹いたのです。

兄弟の二人です。

本当に良い子達で・・・

彼らを心のそこから愛していました。

兄弟で一緒に遊び、一緒に寝て、一緒に食べて・・・なにをするのにも一緒だったのです。

そんな彼らは、私が悲しむと慰めてくれて、私が喜ぶとはしゃいで。

時にはいたずらもするけど、一番の親友のような兄弟のような宝でした。

それが去年の秋、そのうちの一人が死んじゃったんです。

その子はもともと病気がちで、また肥満体質だったので病気になって死んじゃいました。

動物病院で入院中にあっちに行きました。

彼が死んだのもあまりにも突然で突然で・・・

動物病院にあずけたときにはヨボヨボで「今晩持たないと思います。」といわれました。

それが次の日まで持ったのです。

朝電話がきました。「見舞いに来てあげてください。」と。

もちろんすっ飛んでいきました。

そこにはなにやら点滴のようなものやらなんやらとチューブだらけのその子の姿がありました。

全身が麻痺して、頭もカクンと倒れてて・・・

目は半分開いて、何とか息をしてるわが子の姿です。

その時には生きるってこんなことか。

生きるってここまで頑張らないとできないことなんだと分かりました。

普通に生きてることってここまですごいことなのかと教えられました。

その場では涙をこらえるだけで精一杯。

その子はなんとか頑張って小さなかすかな声で「ニャー」と鳴きました。

「喜んでますよ。」

と獣医さんの言葉をもらい、その場では声をかけなでてあげることしかできませんでした。

生きてくれると希望を抱いて、家に帰りなんらかの連絡を待っていると、

夕方に亡くなってしまったと電話がかかってきました。

すぐにうけとりにいきました。

獣医さんがその子の遺体を抱えてきた時にはもう涙をこらえるのに相当な力を注いでました。

「ここまで頑張る子ははじめて見ました。

よっぽど飼い主にもう一度会いたいと言う気持ちが強かったんでしょうね。」と獣医さん。

私はそのとき、

旅立ちの時何を思ったのだろう?

満足して旅立てたかな?

家でなくてごめんね。

と言う気持ちでいっぱいでした。

車に乗ったとたんに恥ずかしながら涙が頬を渡りました。



その後、残った方の猫はバカみたいにその子を家中探すのです。

狂ったように歩き回って、狂ったように鳴きまわって・・・

本当に可愛そうでした。


猫の死からちょうど二週間。

その日の朝は、家族で同じ夢をみたと盛り上がっていました。

死んじゃった子が家にくるような内容です。

ただし、尻尾がなくなってるんですが・・・

家に来るのはその子だけではなく、二匹。その子と別の知らない子です。

庭から勝手に上がってきて、いつもあった餌置き場に行って、二人で食べだすのです。

なぜ見ず知らずの猫と二人であがってくるのか意味が分からない。

そんな感じの夢です。



そしてその日の夕方、家の前にその死んだ猫とまったく同じ子猫が鳴いてるのです。

一人でぽつんと・・・

小さな子猫の声で必死に鳴いてるんです。

よく見ると前の子とシマ模様の位置まで一緒なのです。

その時に夢の意味が分かりました。

もちろんその子を助けて、頑張ってミルクをあげました。

そのまま飼うことになったのですが、なんと人懐っこい子なのか。

勝手に膝にのって喉をゴロゴロならして。

あの死んだ子の代わりと言うのはいけない事なのかもしれませんが、まさにそうでした。

あの子の悲しみを癒してくれたのです。

また、あの一人ぼっちになった兄弟猫をも癒してくれました。

最初はもちろん怖がってたんですが、

そのうち二人で仲良くなり、また二人で一緒に生活を始めたのです。

子猫から幼猫になる子を本当に愛して、半年たつ今日。

その癒しの天使はこれから旅立とうとしているのです。

今完全に全身が麻痺し、半目開いてる状態で焦点が合わないのか目を回しています。

今朝はなんの異常もなかったです。

今日はよく寝るなぁ~と思っていました。

それが今日20:00ごろ、

寝ていた場所から急に立ち上がって誰にも見えないところに行こうとしたのです。

その時には後ろ足がふらついて、前足だけで行くような状態でした。

その時に初めて気がつきました。

前の子のように動物病院で死なせたくない。

そう思い、今回は膝の上で旅立たせることにします。

明日から残ったほうの猫はどうなるのかと考えると・・・

今までこの子に癒されてきた日々を思い出すと・・・

かわいそうとは思いません。

ただ、悲しいだけです。

寂しいのです。

我が家には猫を連れて行く悪魔がとり付いちゃったのかな?

皆突然死んじゃうんです。

今、意味もなく私の膝を前足でなでるようなしぐさをしています。(21:58)

猫を一人二人と数えたり・・・猫ごときに・・・って思わないでくださいね。

ペットはどんなに小さいアリんこでも、家族なのです。

家族はどんな家族でも宝です。

動物達は口を開かずに常に語りかけてくれます。

尊敬の気持ちを忘れないであげてください。

あなたのペットに真の愛を、暖かい笑顔をあげてください。

ペットはあなたを必ず愛しています。

それはあなたが餌をくれるからではありません。



また、何かあれば更新します。


更新(22:21)
息が非常にかすかなものになってきました。

意識があるかどうかは分かりません。

まもなく旅たちのときです。

更新(23:23)

まだ頑張っています。

苦しそうです。本当に。

もう少し頑張ってくれそうです。

更新(3/23 12:15)

更新できませんでしたね。

昨日の深夜に上昇していきました。

あの子はきっと自分よりも先にアセンションしていったんだと思います。

最後はものすごい顔になって、口でかすかに息をする程度でした。

死にたくない。怖い。と言う思いがはっきりと伝わってきました。

また、見られたくない。と言う思いも伝わってきました。

猫は誰にも自分の死ぬ姿を見られないようにします。

見られるのが嫌というか、本能です。

だから昨日は彼を彼の望んだ場所において、私はもう寝ました。

朝起きたときにはもう・・・飛び立っていました。

辛いですが、かれが苦しみから解き放たれたと思うとほっとしています。

彼のことで悲しむようなことはしません。

それでは彼が悲しむから・・・

今までありがとう!と心で念じ、ひたすら感謝します。

そしてまた、会える日を待ちます。

☆★☆★(カルマ数UP)魂の次元をあげるためにやっておくと良い事☆★☆★

◎悲しい時はとことん泣いてください。

 大粒の涙はそのために存在するのです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
六つのランキングに参加しております。なにか感じることがあれば一つでもいいので一票いただけると嬉しいです。クリックをするだけで投票できるシステムです。

        こちらのクリックもお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:

私事 | コメント:7 | トラックバック:0 |
| HOME |
ブログExchange
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。