未来への道しるべ2012

あなたの住むこの地球。未来ではどうなっているか分かりますか?実はもうすぐ宇宙規模の大イベント、アセンションがあります。その時人類は異星人と対面します。地球や人類は変わります。すべてが変わります。それをお教えします。
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>                                                      六つのランキングに参加しております。                                                                                                                                              なにか感じることがあれば一つでもいいので一票いただけると嬉しいです。                                                                                                                                                           クリックをするだけで投票できるシステムです。                                                                        こちらのクリックもお願いします。                                                                                                     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ                                                                            この事をより多くの人に知っていただくために、クリック宜しくお願いします。                                                                                                            __________________________________                 無料でできるクリック募金!ご協力お願いします。                                    世界に笑顔を、緑を、幸福を・・・クリックするだけ!                                                                       イーココロ!クリック募金        ←クリック!                                           クリックするだけで、無料で募金ができる夢の新しいビジネス方法。                                          子供達の笑顔のために・・・まずはクリック                                                   __________________________________

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

人類誕生シリーズ(3)アヌンナキ

人類誕生シリーズ(3)
            アヌンナキ



以前ニビルによって現在の太陽系が誕生し、

現在の地球が誕生したとお伝えしました。

ニビルが太陽系と交差するときは重大なことが起こりやすい

ということは分かっていただけたかと思います。

今回は早速ニビルについてさらに謎を二つほど簡単にお伝えし、

次回からはそれを深めていきたいと思います。



ニビルが地球に対して与えた影響はそれだけなのか?

と問われると、それだけではありません。

ニビルは人類を作ったのです。

何を言い出すんだ、天体が直接生命を生み出せるはずが無いだろ?

と突っ込まれるかもしれませんね。

もちろんニビルが作ったのではありません。

ニビルにいる生命が作ったのです。

ニビルには地球外知的生命体がいるのです。

現在その生命体をアヌンナキ(別名エロヒム)と呼んでいます。

この知的生命体の存在も一般への公開ができない理由の一つなのです。

アヌンナキこそ、今現在地球上で神と呼ばれているものの正体です。

人間を作り上げ、人間にさまざまな手を差し伸べたのです。



ニビルが現在の太陽系を誕生させた後、ニビルは今現在の軌道にのり、

それ以来他の天体と衝突するようなことはなくなりました。

ニビルが落ち着いてからしばらくすると、

アヌンナキもまたそれよりも進化した種族に作られました。

そのときにニビルでアヌンナキが生きていけるように

ニビルの環境も最先端科学で変えられました。

アヌンナキももちろん、人類が直面しようとしているアセンションを経験してきました。

元はと言うと私たちのような肉体をかぶって生活をしていました。

しかし、アセンションをすることによりその肉体を手放し、新たな体を取得しました。

(現在人類のかぶっている服(体)は一番もろくて重たい、

1番便利の悪い服です。それが肉体なのです。)

アヌンナキは簡単に言うと霊のような体です。

アセンションするということで他の種族とも出会い、

コンタクトを取りながら今現在も存在し続けていますよ。

もちろん今の人類以上の科学を持っています。



アヌンナキは太陽系と交差するたびに何らかの影響を及ぼしつつも

地球の生命の存在に気がつきます。

そのアヌンナキは今から30万年前にニビルが交差したときに

地球の今で言う南東アフリカに降り立ちました。

もともとは人間を作ることが目的ではなかったのですが、いろいろと事情が重なり、

遺伝子科学で人間を作り出しました。

もともと地球にいた猿と自らの遺伝子を組み合わせて作り出しました。

人間を作り出すとともに心をふきこみました。

心をふきこむ技術はアセンションを経験しないと取得できません。

精神的な技術ですね。

心(魂)を吹き込むと吹き込まれたものは永遠に存在し続けます。

肉体は死んでも存在は消えないわけです。

これが生まれ変わりの原理ですね。

心は分裂したり形を変えます。だから人口が増えたりすることが可能なわけですね。

1度存在すると永遠に存在し続けます。その間、アセンションを経験し心(魂)は進化します。

やがて肉体は必要なくなります。

アヌンナキのように人類も肉体をアセンションで必要なくすることもそのうちできるでしょう。

(2012年のアセンションは肉体を手放すのではなく、肉体の形を変えるものです。

半分は霊になり、半分は肉体の半霊半物質体になります。

その後、他の種族とも出会うことができます。)

今日はここまでご理解ください。

今日は前回の記事でのまとめに、

・ニビルにはアヌンナキと言う地球外生命体がいる。

ということと、

・アヌンナキは人間を作り出した。

ことをプラスして頭に入れておいてください。

アヌンナキがなぜ人類を作ったのかはこちらの記事でお伝えしています。





アヌンナキが描かれた古代シュメールの印章

☆★☆★(カルマ数UP)魂の次元をあげるためにやっておくと良い事☆★☆★

◎世界には中心があるようでありません。
  
 個人個人の立場所がその個人個人にとって中心です。

 だからあなたの世界で誰かの世界を壊さないようにしてください。

 個人個人を尊重してほしいという事です。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
六つのランキングに参加しております。なにか感じることがあれば一つでもいいので一票いただけると嬉しいです。クリックをするだけで投票できるシステムです。

        こちらのクリックもお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
スポンサーサイト

テーマ:アセンション(次元上昇) - ジャンル:

ニビル関係 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<眠りと上昇 | HOME | 人類誕生シリーズ(2)ニビルの作った新太陽系>>

この記事のコメント

貴方が書いている事はほぼ事実だと思います


貴方はどこで学んだのか?

そこが私は知りたい
2008-10-24 Fri 23:41 | URL | どうも #-[ 編集]
どうもさん、コメントありがとうございます。

どうもさんはなぜ、ほぼ事実だと思ったのでしょうか?
直観ですか?実はこの直観、非常に大切なものです。
いつか直観と言うものがどれだけ大切か科学的に証明されると思いますよ。

さて、どうもさんの質問に関してですが、こちらの情報の多くは他のワンダラーの方に教えていただきました。実はワンダラー同士での交流が盛んで、そのような交流の場で教えていただくことが多いですね。
またその方たちも海外のワンダラーからの情報を翻訳してお伝えしていると思いますよ。
また、元となる情報ですがこれは多くの資料などを深く読み取って共通点を結んだもの、チャネリングによって伝えられたものとの共通点を上げて深く掘り下げて点と点を結んだものです。

いずれにしよ、100%の情報はないものと考えてください。限りなくそれに近いものはありますがね。
最終的な判断はあなたがすることですし、すべてを信じるのもどうかと思いますので、こんな情報もあるんだなぁ~と参考にしていただければ嬉しいです。
2008-11-20 Thu 17:02 | URL | タカ #mQop/nM.[ 編集]
猿の遺伝子とアナナキの遺伝子を組み合わせる、とはどういう状態ですか?

アナナキはアセンションによって肉体を持たない様になっていたのだから、細胞とか核とかDNAとかいう構造は存在しないのではないのですか?
2010-07-07 Wed 13:23 | URL | xevs #ufOA8zY6[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-05-13 Fri 04:59 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
ブログExchange
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。