未来への道しるべ2012

あなたの住むこの地球。未来ではどうなっているか分かりますか?実はもうすぐ宇宙規模の大イベント、アセンションがあります。その時人類は異星人と対面します。地球や人類は変わります。すべてが変わります。それをお教えします。
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>                                                      六つのランキングに参加しております。                                                                                                                                              なにか感じることがあれば一つでもいいので一票いただけると嬉しいです。                                                                                                                                                           クリックをするだけで投票できるシステムです。                                                                        こちらのクリックもお願いします。                                                                                                     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ                                                                            この事をより多くの人に知っていただくために、クリック宜しくお願いします。                                                                                                            __________________________________                 無料でできるクリック募金!ご協力お願いします。                                    世界に笑顔を、緑を、幸福を・・・クリックするだけ!                                                                       イーココロ!クリック募金        ←クリック!                                           クリックするだけで、無料で募金ができる夢の新しいビジネス方法。                                          子供達の笑顔のために・・・まずはクリック                                                   __________________________________

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

伝え(2章)夢との共通点

この記事は3シリーズでお届けしています。是非残りの2シリーズもご覧下さい。

伝え(1章)不思議な夢    伝え(2章)夢との共通点    伝え(3章)夢との共通点


伝え(2章)夢との共通点<前半>

さて、前回は私の見た不思議な夢の内容を伝えしました。

そして、その夢はこれから起こる宇宙の大イベントに深く関係があるとも伝えましたよね。

なぜ、この夢が私にとって特別なものになったかもお伝えしましたが、覚えていますか?

それはその後、ある情報を得たからです。

今回は皆さんに直接その情報をお伝えしようと思います。

そのほうが手っ取り早いですしね。

夢を見たあとすぐに私は自然とPCでその情報に出会います。

その情報とは、渡辺大起さんの生前のインタビューの内容です。

渡辺さんは、残念ながらもうこの世にはいません。

この大イベントについて多くの人々に伝えてきた人達の内の一人で、大変有名な方です。

(実は、もうこのイベントについては多くの人が伝えてますし、それ以上に多くの人が知っています。渡辺さんはそのことの研究家ですね。)

今からインタビューの内容を(今回は)半分だけ載せます。

ところで、前回の夢で最後の謎は何だったか覚えていますか?

円盤から降りてきたのが人間であったことですよね。

そのことを忘れずに読んでいただきたいです。_____________________________________

1994年6月 信州蓼科にてインタビュー。
今から13年前のインタビューになります。

*イはインタビュアーの略です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1場面 宇宙人・空飛ぶ円盤について

★UFO・宇宙人

イ:はじめまして、私はIです。
今日は、長年UFOの研究をなさっている渡辺様に「UFO」や「宇宙人」のことについてお話をうかがおうと思いましておじゃまいたしました。
まずは、はじめのきっかけなどについてお聞きしたいのですが?

渡:私が興味をもちはじめましたのは、1950年代になってからなのですが、実は円盤というのは何万年も以前から地球に来ているのですよ。

近いところでは、古事記には「天の鳥船」だとか、それから竹取物語には「空飛ぶ車」とかいう名前で表現されていますね。

この竹取物語は映画になりまして、そこではUFOがクライマックスにでてきますね。

これなんかのUFOの現われ方を見ますと、新しい時代がきたというふうに感じますね。

イ:はあ、そんなに前からきているのですか。

渡:そうなんですね。また、最近のアメリカなどでは1937年にダナ・ハワードという女性が、金星人のダイアンという人とコンタクトしたんですね。

このダナ・ハワードさんとは、私がアメリカに行きました時にお会いしたのですが、私と同じような体験をしておられます。

その次は、1947年6月24日にケネス・アーノルドという人がワシントン上空で自家用飛行機に乗っているときに、近くを9個の物体がいっしょについてくるのを目撃したんです。

この人はそれを、コーヒー皿を裏返したようなものがサーと飛んでいたというので「フライングソーサー」とよんだんですね。

それを日本語に訳した人が「空飛ぶ円盤」とされ、その呼び名が一般化したんですよ。

イ:それで「円盤」というんですね。

渡:そうです。しかし実際は円盤にはいろいろな形がありまして、三角の形をしたものもあればね、ドーム型をしたものとか、そのほかにもいろんなタイプがあって、そりゃあもう各種各様ですよ。

イ:そうですよね、葉巻型の円盤なんかも有名ですものね。

渡:あれは母船と言ってたいへん大きなもので、長さが何キロメートルというものもあるんですよ。

イ:そんなに大きなものなのですか・・・。

そんな円盤が、近くの空に出現したらすごいでしょうね。

渡:そりゃあ、みなさんビックリするでしょうね。

イ:しかしそのケネス・アーノルドさんのみたものは、お皿の裏返し型だったのですね。

渡:そうです。

それでその目撃したことを彼は警察や消防署、放送局や新聞社などにぜんぶニュースを流したんですよ。

そうしたら、いっせいに新聞などにでたんですよ。

それでどうなったかといいますと、その新聞やラジオ局に「私も見た、オレも見た」と、たくさんの人が連絡してきてビックリしたんですよ。

アメリカ国民は自分が見たものは本物だったと自信をもったんですね。

イ:はあ~おもしろいですねえ。

渡:しかしですよ、これより10年も前からNASAやFBIとかいった機関が、おおくのお金をかけて調査していたんですよ。 

イ:じゃ、もうすでにUFOの存在をアメリカ政府は知っていたのですね。

渡:そういうことですね。

今は一部情報公開されていますが、当時はまったくの極秘調査だったんですね。

イ:なぜ極秘なのでしょうか?

渡:それはいろいろな理由があるでしょうが、ひとつには、当時はUFOは敵国のソ連などの秘密兵器ではないかと思われていたんですよ。

それと、あまり謎めいたことを公表して、国民を混乱におとしいれてはいけないという理由もあったかも知れませんね。

イ:なるほどね。

渡:その次が有名な、1952年にアダムスキーが金星人ホーソンと会見して、1953年に「空飛ぶ円盤実見記」というのを発行したんですよ。
そして、54年に日本語に訳されたんです。

この翻訳者の久保田八郎という人はかつての私の仲間で、英語がうまくて日本語の文章表現もすぐれているので、このアダムスキーの本は、たいへんすばらしいものになりましたね。

このころより世界各地で、宇宙人とコンタクトする人がどんどんと現われてきたんです。

しかも、アメリカ・イギリス・ブラジル・ニュージーランドなどは非常に熱心でした。

そして多くの国が、国家予算を計上して調査していたんですよ。

イ:日本ではどうだったんですか?

渡ー 日本は国家としては調査していませんが、一般では1957年ごろから円盤に興味を持つ人や、円盤・宇宙人に関心のある人たちによって、それぞれ組織のようなものが作りはじめられましたね。

その団体には、おおきく分けて3つの傾向があったのですよ。

ひとつには円盤を研究するグループで、円盤が他の遊星からくるものではなくて、どこかの国の秘密兵器だというので、これを徹底的に研究するというものです。

もうひとつは、いや円盤のようなものは地球上で作られるはずはない、どこかよその星からくるかも知れない、しかし我々の太陽系からくるとは考えられない、もっとはるか遠くから来るのではないか、だからもっと科学的に研究しなければならないというタイプ。

最後のひとつは、円盤や宇宙人はあってあたりまえだと、そしてなにか彼らは、地球と友好を求めているのに違いないと、また、あれだけの高度なものを作っているのだから、もっと我々より高い知性と知識を持っているのに違いない、だから彼らから、おおいに学ぶべきものがあるのではないか、というタイプ。この3つができたんですね。

イ:同じUFOの研究団体でも、いろんなタイプがあるのですね。

渡:そうです、いろいろありましてね、それぞれたいへん熱心でしたよ。

その中で私は、一番最後のタイプの団体に入ったんです。

その当時1959年、60年ごろは、月のうち半分以上は私も東京に行き研究したり、用事で全国を走り回っていましたよ。

また、私たちの所に話を聞きに来られる方も多くて、中には有名な文学者や文化人といった方々も来ておられましたね。

イ:そうですか、かなり活発な活動をなさっていたんですね。

渡:そうなんです、みなさん熱心でしたよ。

それから1958年には、名古屋市においてAZという宇宙人とコンタクトがはじまったんですよ。

私も同じ年に瀬戸で宇宙人と、特殊なコンタクトをはじめたんです。

これは、先ほど言いましたアメリカのダナ・ハワードと同じようなものでしたね。

★コンタクトについて

イ:コンタクトというのは、それはどのようなものでしたか?

渡:コンタクトといいましても、これもまたいろいろなタイプがありまして、直接宇宙人と会って話をするものや、ラジオから宇宙人が語りかけたり、テレビが突然うつりが悪くなってUFOや宇宙人が現われたりするものもありますしね。

イ:それはスゴイですね、そんなこともあるのですか。

渡:はい、ありましたね。

しかし、たしかに私たちの地球的感覚で判断しますと、このような直接会ったり、耳に聞こえたりするコンタクトはスゴイなと思われるのですが、本当は、高度なコンタクトになればなるほど、もっとかすかなものになりまして、たとえば、ふうっと心に思いが湧くのですね、極端にいいますと、それが自分の思いなのか、宇宙人からのメッセージなのか、わからないようなものが高度なコンタクトなんですよ。

イ:なるほど、私たちの感じでは直接宇宙人と会ったりするほうがスゴイと思いますが、じつは反対なんですね。

渡:そうなんですよ。

それはなぜかといいますと、私たちの波動が宇宙人とかけはなれていますと、向こうも姿を見せたりラジオなどの機械を使ったりしなければなりませんが、その波動が近くなってきますと、心と心でつながれるわけですね。

私たち地球人でも、あまり付き合いのない人としゃべるときには、誤解のないようにきちっとていねいにお話したり文章にしたりしなければなりませんが、気心の知れた親友と話すときなんかは、あるていど言葉を出さなくても、何を言いたいかわかることがありますよね。

そういうことなんですよ。

イ:はい、ありますね、なるほど。

渡:コンタクトというものはそのようなものなのですが、さきほどの話のダナ・ハワードとか私の経験したことでは、ある講演会で話をしていますと、宇宙人の方が、私やハワードさんのボディを借りて話をされるということが起こったんですよ。

イ:えっ!体を借りてですか?

渡:はい。

「オーバーシャドウ」というコンタクトなのですが、私が話していますと自分でもわからないうちに

「今、宇宙人が私の体を借りて話をしています。」としゃべっていて、いろいろな宇宙の話などをとうとうと語ったわけですが、聞いておられた人の中には、その宇宙人の姿も見える方がおられまして、その人が言うには、「あなたの姿が消えて、もっと体の大きなノーブルな感じの方がしゃべっておられましたよ。」というわけですね。

イ:それはおどろきですね。

渡:私自身もびっくりしましたが、このようなことが、ダナ・ハワードさんにもあったわけです。

そして、こういったことからいえることは、宇宙の方々はわざわざ遠いところからきて、ここまでしてでも、私たち地球人に伝えたいことがあるということですね。

イ:なるほど、そうなんですか・・・。


★UFOの目撃 

イ:渡辺さんご自身が、UFOを目撃されたのはいつごろですか?

渡:あれは、やはり日本でもUFOの研究がはじまりだしました1950年代の中ごろだったと思いますが、円盤研究なかまが「見た見た」といいだしましてね。

そんな友人とUFO観測会なんかを開いて山に登り、一晩中夜空を見上げたりしたんですけれども、なかなか現われませんでしたよ。

そのようなことを何回かしているうちに、私自身もUFOを目撃するようになり、よく近所の小高い山や家の物干しなどに上がって観察するようになりました。

イ:へ~すごいですね、物干しからも見えるというのもおもしろいですね。

どのような感じでしたか?

渡:そうですね、まず空に向かってUFOに来てくださいと想念を送るんですよ、そうしてしばらくたちますと、スーと現われるんです。

その現われるまでの時間はすぐのこともありますし、1時間2時間とかかることもあります。

また、むこうがお忙しいのか、もしくはこちらの熱心さや忍耐を見ておられるのか、一晩待っても現われないこともあります。

現われる時はそのうち来まして、右から左へゆっくり進むものや、頭の上から前方にはやいスピードでピューと飛んでいくもの、また目の前をジグザグで飛行したり、遠方からこちらに向かって飛んできたと思ったら、急に90度の方向転換をして去っていくものとか、色々なUFOを数えきれないほど見ましたね。

イ:はあ~うらやましいですね・・・。

私も昨年、父と自動車に乗りながらUFOの話をしている時に、前方の上空から真っすぐ下に、スーと落ちてくる光る物体を見たんですよ、その瞬間ふたりとも「あっ、UFOだ!」と叫んだんですけれども、いまだにそれがUFOだったのか、流れ星だったのかわからずじまいです。

それでもその時は、なにか心が洗われるような、とても気持ちのいい不思議な感じで、感動いたしました。

あれは本当にUFOだったのでしょうか?

渡:たぶんそうだったでしょうね。

その時にUFOの話をしていたので、それを察知した宇宙人が、あなた方のために姿を現してくださったのでしょう。

また、その瞬間にUFOだと思ったということは、ほぼ間違いないと思いますよ。

イ:わあ~そうだったんですか、うれしい!

渡:人間の認識と現実というのはおもしろいもので、たとえば、あなたともう一人の、あまりUFOのことなど信じない人がいっしょにいて、目の前の空をUFOが横切ったとしますね、あなたはそれがUFOだとすぐにわかり、感激して「今、UFOがあそこに飛んでいるよ」といいますが、もう一人の人にはUFOという存在が頭の中の概念にないか、もしくは否定的な考えがありますと、それが見えなかったりします。

もし見えたとしましても、あれは流れ星だよとか、人工衛星だよとかいって、けっしてUFOだとは認めようとしないと思いますよ。

極端な話をしますと、たとえアダムスキー型の代表的なUFOが目の前に大きく出現したとしましても、認めない人は認めないと思いますよ。

そのように、私たち人間の認識力はあやふやなもので、こちらの心に眼前におこる現象にたいしての受皿がないと、その現象は私たちにとって現実とはならないのですね。

イ:はあ~ということは、私も「あっ、流れ星だとか、飛行機だ」とかいっているもののなかにも、実はUFOだったりしているんでしょうね。

でも、なにか「これはゼッタイにUFOだ!」という確証のようなものがほしいですね。

渡:こんな話があります。

さきほど言いましたコンタクトマンのアダムスキーが、かつて宇宙人に、なにかコンタクトの証拠になるようなものを欲しい、といいました。

ところ、宇宙人は「地球人は証拠病患者ですね」と笑ったそうですよ。

イ:でも、実際に目の前に、どう見てもUFOだというものが現われると、みんなが信じるのではないですか?

渡:そこが証拠病患者の私たちの悲しいところで、見れば信じると誰もが思っているでしょうが、じっさい目撃すると、こんどは「もっと大きなものを見たい」と思うようになりまして、その次には「宇宙人と会見したい」とか「物的証拠が欲しい」とかで、これには際限がないのですよ。

イ:なるほど、どこまでいったら本当に信じるのかわからないわけですね。

渡:そうなんですよ。

たとえ山ほどUFOの写真を撮ってきたり、なにか記念品をもらって帰ったりしたとしても、今度はその信憑性をめぐっての論議が、いっぱいなされるだけでしょうね。

そのようなことをしているうちに、本当に大切な「宇宙人来訪の本質的意味」については、みんな考えることを忘れてしまうんですよ。

イ:じゃ「UFOだ」と思ったら、その時の自分の思いを大切にするほうがいいわけですね。

★直感は宇宙の核心にふれる 

渡:そのとおりですよ。

物事の本質をとらえることができるのは、ただ「直感(インスピレーション)」だけですよ。

あなたが車から見た光る物体をUFOだと思った、その直感こそが大切なんですね。

イ:はあ、でもインスピレーションだけというのは、何か頼りない気がいたしますね。

渡:そうでしょうね。

私たちの地球では、直感というと単なる思いつきのように思われて、軽く見られがちですからね。

しかし、脳であれこれ考えてしまう前の、心にすなおに湧く思い、これが大切なんですね。

また、このインスピレーションは、すべての段階のバイブレーションをつらぬいて働く最高の通信手段であり「魂の声」なのですよ。

イ:それでは、心に湧く思いをもっと注意して、だいじにしないといけませんね。

渡:それはいいことですね。

ダイアンという金星人が、ダナ・ハワードさんに語ったものにこんなのがありますよ、「人間に与えられた最大の贈り物は、インスピレーションです。

直感の体系を通じて、宇宙の核心にふれることができます。

直感は、変化の寸前の休止のときにやってきます。

心が休息の状態にあるとき、心が宇宙の核心に触れるときに、それはやってきます。」とね。

イ:なるほど、人間に与えられた最大の贈り物なのですね。

★バイブレーションのちがい

渡:そうですよ・・・。

でもUFOも、むやみやたらとでるものではありません。

現われる時は、それなりの目的がある場合が多いですからね。

イ:目的がないと現われないということは、通常の状態ではどこにおられるのでしょうか?

SF映画のように、ワープしてきたりするのでしょうか?

渡:そうですね、そういう場合もありますが、UFOというのは普通の状態では、私たちの肉眼では見えないのですよ。

そして、姿を現す必要のある場合に私たちに見えるようにするということですね。

イ:えっ、ふだんは見えないのですか?

渡:はい、これは少し難しい話になるのですが、バイブレーション・波動がちがうのですね。

たとえば、私たち地球に住む人間は、可視光線の赤色から紫色までの波動の物しか見ることも触ることもできませんね。

それ以上や以下の波動、赤外線や紫外線になりますともう見ることはできなくなってしまいます。

しかし、波動の世界はその外側に永遠にあるわけですから、私たちが見たり触ったりしている世界は、その波動の世界のほんの一部ということになります。

それはちょうど、この紙を横から見た場合と同じような感じで(といいながら手元の用紙を横にする)私たちは、この狭い範囲の中で生活しているわけです。

また私たちは、この本当に薄い領域の世界が全てであると思っていますが、実はこの世界はほんの一部で、この紙の右側にもず〜と色々な次元の世界があり、左側にもまた色々な次元の世界があるわけですよ。

UFO・宇宙人は、私たちの住む地球の次元よりも、もっと高い波動の次元におられる方々ですから、普通は私たちには見ることはできません。

それが見える時は、UFO・宇宙人が私たちに姿を見せるなんらかの目的があって、意図的に自らの波動を下げて、私たちにあわせておられるわけですよ。

もしそれがすべて見えますと、その数たるやものすごくて、空いっぱいのUFOが見え、人々はびっくりされると思いますよ。

イ:へ~それはすごいですね、そうなんですか。

それにしてもわざわざ私たちのために、波動を落として姿を現してくださっているとは知りませんでした。

渡:そうですよ、それはたとえばテレビのようなもので、私たちのいる所は10チャンネルだと して、UFO・宇宙人のおられる所が2チャンネルだとしますね、私たちには10チャンネルでおこっていることしかわからないわけですけど、そのほかにも同時に8チャンネルとか6チャンネルとかで色々なことが行なわれているわけですよ。

ただテレビとちがうところは、私たちのレベルからは高い波動の世界を垣間見ることは難しいですが、ハイ・バイブレーションの世界からは低い波動の世界で行なわれていることがよくわかり、また私たちにレベルをあわせることもできます。

それはちょうど、ピアノの上手な人とあまりうまくない人がいたとしますね、上手な人は下手な人のひきかたをまねて指導することができますが、下手な人は上手な人のまねをすることはできないのと似ています。

わかりますかね?

イ:はあ、なんとなく・・・。

渡:別の例で言いますと、子供の時に、よくアリなんかをじっと見て遊んだりしませんでしたか?

イ:はい、しましたね。

アリが巣に、なにかたべものを運んでいるところとか、何万匹ものアリの行列を、どこまでつづいているのか確かめたり、その行列に障害物をおいてみて、困っている様子を見ておもしろがったりしていましたよ(笑い)。

渡:そうでしょう、子供はみんなやるんですよね(笑い)。

その時の情景を思い出してほしいのですよ。

私たちはアリをじっと観察していますが、アリには上から眺められていることがわからないで、もくもくとエサを運んだりしているわけですよ。

これと同じように、私たちも次元の違う上の方から見られているということですね。

イ:なるほど、わかりました。でも、なんかそう思うと不気味な、コワイような気がしますね。

渡:だいじょうぶですよ、子供のように障害物を置いたり、ふんづけたりしませんから(笑い)。

宇宙の方々は、愛情をもって見ておられますからね。

イ:そうですか、安心しました。

ところでその次元の違う所というのは、死後の世界・霊界とかと同じようなものなのでしょうか?

渡:たしかに霊界も、私たちのように生きている者にとっては見えない世界ですので、異なった波動の世界であることは確かなのですが、それでも同じ地球上の世界ですので、宇宙の他の惑星との周波数の違いから比べますと、ほとんど同じレベルの世界と思っていいと思いますよ。

イ:私たちのこの地球と、他の遊星のバイブレーションはそんなにも違うのですか?

渡:ええ、たとえば金星に住む方々は、・・・

イ:え!?、金星にも宇宙人がおられるのですか?

渡:はい、私たちの太陽系には金星だけではなくて、火星にも木星にも太陽も含めましたすべての惑星に宇宙人は住んでおられますよ。        

イ:え~、太陽にもですか?でも太陽は、全体が原子爆弾の爆発のような大変なところで、金星にしましても何百度という灼熱の世界で、とても生物が生存できるような環境ではないのではないですか?

渡:私たちがコンタクトによりまして宇宙人から聞きましたところによりますと、太陽はけっして原子爆弾の爆発の固まりのようなものではなくて、太陽系では一番進化したハイ・バイブレーションの方々が住んでおられるということですよ。

その輝きも、とてつもない高温によるものではなくて、いってみれば輝かしいオーラのようなもので、それを私たちが暖かく感じるのは、地球の磁場などとの、摩擦熱によるものだそうです。

金星におきましても、宇宙探査機のボイジャーなどが観測の結果を送ってきて、灼熱の世界だということになっていますが、私たちが科学的に他の惑星のことを知るのは根本的に無理があるのですよ。

なぜならば先程も言いましたように、波動が違いますから。

たとえ私たち地球人が金星のことを、なんらかの器材で観測できたとしても、その器材は、地球のバイブレーションの範囲内のことしか反応できないのですから。

それ以上のことを知ろうと思いますと、私たち自身のバイブレーションを高めざるをえないのですね。

イ:はあ~、なんだか気が遠くなってきました。そんなにも他の惑星と、私たちの地球とでは波動のレベルがちがうのでしょうか?

渡:はい、ちがいますね。

たとえば金星に住む人々の肉体は、私たちのものよりも希薄で、ことばではうまく表現できませんが、仮に私たちの精神と肉体との比率が5%対95%だとしますと、金星の人々は50%対50%というふうに、肉体の物質的要素の割合が少なくなっているのですよ。

その金星の人の中でもハイ・バイブレーションの方は、もう食料をとらなくてもいいそうですよ。

それぐらい肉体が希薄に進化しておられるのですね。

イ:そんなに差があるのですか。

渡:はい。

もっと別の例で言いますと、この地球のバイブレーションは、たいへんドット数の少ない安物のパソコン画像のようなものですよ。

大まかな形は認識できるのですが、精妙なディテールはほとんど抜け落ちてしまっているんですね。

しかし、私たちはこの世界に生まれ落ちたときから、その状態に慣れ親しんでいるために、この状態がすべてであると錯覚しているんですよ。

イ:はあ~なるほど。

それと良く似た話を聞いたことがありますよ。

生まれたてのネコに横のラインが見えないメガネをかけさせ育てますと、大きくなってそのメガネをはずしても、かわいそうなそのネコは横のラインが見えなくて、横状になっている棒に頭をぶつけたりしてしまうそうですよ。

渡:はあ~そうですか、それは興味深い実験ですね、そのネコにはかわいそうですが・・・

たぶん私たちも、そのネコと同じような状態になっているんでしょうね。

もちろん私たちは幸いにも、目に見えないハイ・バイブレーションの世界の物に頭をぶつけたりしませんがね・・(笑い)

★魂の学びと惑星

イ:ほんとうですね、(笑い)。それにしましても、どうして惑星によってそんなに進化の程度がちがうのでしょうか?

渡:それはいろいろな理由があるのですが、その一つには私たちの魂にとりましては惑星は学校のようなもので、私たちはそれぞれの魂の進化に応じた惑星に生まれて魂をみがくのですよ。

そのために色々なレベルの惑星があるのですね。

イ:それは仏教思想でいう輪廻転生思想のようなものなのでしょうか?

渡:はい、近いものだと思います。

たとえば私たち地球に生きている人間も、平均しますと100回ぐらいはこの惑星で生まれ変わっていろいろなことを学び、魂をみがいていると言われていますよ。

イ:やはりそうだったんですか。

私も現在の科学的常識の、私たちは無から生まれ、死ねばまた無へ還るというのは、なにか腑に落ちない感じがありましたが、やはり生まれ変わりというのはあるのですね。

渡:私たちが生まれる前まではなにもない無で、死んでしまったらまた無になってしまうとは、感覚的にいってもなにか変だとは思いませんか?

イ:そうですよね。やはり何度も生まれ変わっているんですね。

渡:はい、それで、もうこの地球でじゅうぶん学んだと、卒業だということになりますと今度は次の惑星に行くのですね。

それはちょうど学校に似ていますね。地球が幼稚園か小学校だとしますと、そこでいろいろなことを学び魂をみがいて卒業し、中学校に相当する惑星に行って、そこでまた学ぶというわけで永遠に自らを高めていくわけですね。

イ:いやあ〜、これもまた気の遠くなる話ですね、私たちの学びは永遠に続くわけですね。

渡:そうなんですよ。

イ:それにしましても、私たちの今いる地球は幼稚園ですか。

そんなに私たちの星は低レベルなのでしょうか?たしかに私たちは戦争や殺人などをいまだに行なっていますが・・・。

渡:本来は低い波動の惑星といいましても、けっして悪い星というわけではありませんで、それはそれなりに自然な生活をすればすばらしい所なのですよ。

学校でも幼稚園や小学校が悪い学校で大学が良い学校であるなんて言えませんよね。

幼稚園は幼稚園として学ぶべきことがあり、それなりにすばらしい所でしょ。

大学はより高度な学問を勉強する所で、それなりにすばらしい。

まさか幼稚園児が大学に入学したとしても、なにを学んだらよいのかわからないし、周りの人と話も合わないし、マイナスにはなっても、けっしてプラスにはなりませんよね。

それと同じで、もし私たち地球人がハイ・バイブレーションの惑星に行ったとしましても、きっとゲームセンターやカラオケスナックはありませんし、テレビでのお笑い番組もやっていないし、なにをやればいいのかわからなくて困ってしまうと思いますよ。

イ:ハハハ・・、なるほどそうかもしれませんね。

でも、なぜ私たちの地球は幼稚園なりのすばらしい所ではなくて、戦争や飢饉、天災、犯罪といった悲惨なことが多いのでしょうか?

今でも旧ユーゴスラビアなどで大変なことになっていますが・・・。
       
★地球は進化の道をあやまった

渡:それはね、私たち地球が進化の道をあやまったからですよ。

かつては、この太陽系では、たとえば太陽をおかあさんとしますと水星や金星などの惑星はその子供で、地球も含めてみな兄弟なんですよ。

それぞれ交流もありましたしね。

ですから他の遊星の方々は私たちのことを「兄弟よ・ブラザーズ and シスターズよ」と呼んでくださるんですよ。

イ:そうなんですか、美しいお話ですね・・・。

渡:ええ、なんかそのように呼ばれると申し訳ないような気がしますね。

かたやりっぱで優秀なお兄さんなのに、こっちは戦争をやったりして人殺しをしている言ってみれば極悪非道の弟なんですから、しまいには原爆なんかを作ってしまって、そのお兄さんたちの星にまでご迷惑をかけてしまっているわけなんですから。

イ:えっ!原爆は他の惑星にも影響があるのですか?

渡:あるんですよ。

もし地球が原子爆弾によってこっぱみじんになりましたら、火星や金星などの他の惑星もバランスをくずし、宇宙の彼方へと飛ばされてしまうかも知れませんよ。

なにしろ私たちの太陽系は絶妙のバランスのうえになりたっているのですから。

イ:ほかの惑星の方々にも迷惑をかけるなんて、知らなかったですが、とんでもないことですね。

渡:そうです。

かつてこの太陽系ではそのようなことが実際あったのですよ。

それは、火星と木星の間に小惑星群があるのをご存じですか?

イ:はい。

渡:そこには以前、第五番目の惑星があったのですよ。

それは「ルシファー星」と呼ばれていまして、たいへん進化した遊星だったのですが、ある時、やはり地球と同じように進化の道を誤って、物質的進化の方向へと進んでしまったのですよ。

そして精神面での発達と物質面での発達のアンバランスの最たるものであります「原子をもてあそぶ力」の開発、すなわち原子力を開発してしまったのです。

イ:ひょっとして、核戦争をやってしまったのですか?

渡:そうなんです・・・。その結果、その輝かしい遊星は、自分自身を粉々に砕いてしまったんですよ。

イ:たいへんなことをしてしまったんですね。

それでは今ある小惑星群は、その時の残骸のようなものなのですね。

渡:悲しいことですが、そうです・・・。

また、この時の爆発はものすごくて、太陽系の各惑星に深刻な打撃をあたえたんです。

とくに、一番近くに軌道のあった火星はたいへんで、その軌道がずれて宇宙の彼方に飛ばされそうになったんです。

そこで火星の方々はおおいそぎで二つの巨大な人工衛星を打ち上げて、かろうじてそのショックを中和し、軌道を安定することができたんですよ。

イ:はあ、たいへんだったんですね。

渡:まったくですね。

その苦労の産物の二つの人工衛星は巨大ですから、地球からも天体望遠鏡で見えるそうですよ。

そして金属製ですから太陽の光を、もともとあったひとつの衛星よりも強く反射して、天文学者も不思議だなと思っているそうですよ。

イ:私たち地球人も、人の苦労も知らないで気楽なものですね。

原子力は、そんなにも危険なものなのに、私たち人類はもうすでにそれを手にしてしまっていますが・・・

だいじょうぶなのでしょうか?

渡:それが少しもだいじょうぶではないんですね。

宇宙人の方々も、地球がルシファー星のように粉々になってしまうことを心配して、熱心に観察したり、できるかぎりの援助をしておられるのですよ。

核兵器の貯蔵庫などで、よくUFOが目撃されるのはそのためですね。

イ:やはりそうですか。

今でこそ、米ソ対立を中心とした冷戦構造がなくなりましたが、それでも核戦争の危険性はあいかわらずありますし、1962年のキューバ危機の時なんかは、本当にあぶなかったですのもね。

渡:そうです。

あの時は地球が滅亡してしまう寸前までいきましたからね。

宇宙人はそのことを憂慮して、すでに1950年代に、アメリカのコンタクティに対して、さかんに警告のメッセージを送っているのですよ。

それはね「原子の平衡はかき乱されてはなりません。

それは自然の破壊です。原子の破壊は悪魔の力なのです。」、これと似たことを、かつてのアメリカのカーター大統領が言っておられましたね。

また「原子分裂は破壊的な力であって、絶対に建設的には用いられないからです。

原子を分裂させることは、太陽系を分裂させるようなものです。

原子は太陽系の構成成分以外のなにものでもないからです。」とも言っ
ておられます。

さきほども言いましたように、太陽系は、絶妙のバランスを保ちながらなりたっていますが、私たちがかってに原子を、物質を破壊してエネルギーに変えてしまうということは、そのバランスを壊してしまうことになるのですよ。

イ:そうなると、太陽系がバラバラになってしまうかもしれませんね。

渡:そうなんですよ、ご存じのように原子の構造も太陽系と似ていて、原子核を太陽としますと電子は惑星みたいなものですね、それを破壊すると言うのは、単に象徴的な意味だけではなくて、現実問題として太陽系を壊していることになるのですよ。

もっと言いますと、そこにも宇宙があるのですよ、もしかするとやはり私たちと同じように生活しておられる方々がいるかもしれないのですよ。

こんなことも言われていますからね「あなたたちが核分裂実験をくりかえすたびに、無数の世界が滅びてゆくのを知っていますか?この宇宙の中にあっては、小宇宙も大宇宙も、すべては同じものなのです。」とね。

イ:もしそうだとしますと、私たちは大変なことをしていることになりますね。

それではひょっとすると、核兵器だけではなくて、原子力発電なんかの「原子力の平和利用」もいけないということになるのではないですか?

渡:そのとおりですよ。

宇宙の方々はこうも言っておられます「原子力を平和のために利用することはできません。

それは、原子力はその性質上破壊的な力であって、建設的なものではないからです。

本質的に平和と相反するものにたよって、どうして平和が築けるでしょうか?」、いまでこそスリーマイル島やチェルノブイリの原発事故で、私たちも原子力発電の危険性をよく認識していますね。

しかし1950年代といいますと、原子爆弾の開発については反対の声もあがっていましたが、「原子力の平和利用」については「アトミック・フォー・ピース」というアメリカの大統領のよびかけのもと、無限のエネルギーとしてバラ色の夢を抱いていましたからね。

イ:本当ですね、宇宙人はそんな時代から原子力開発そのものの危険性について警告されていたのですね・・・。

それにしましても少し疑問に思うことがあるのですが・・・?

渡:はい、なんでしょうか?

★宇宙の法則 

イ:私たちが、そんなにも危険な原子力などをもてあそび、地球をこなごなにしてしまいそうなあぶなっかしい状態にいるのに、なぜ宇宙の方々は警告だけではなくて、もっと直接的に姿を現わしたりして、私たちを指導してくださらないのですか?

渡:それはもっともな意見で、きっと宇宙の方々もそのようにしたいのはやまやまだと思うのですが「宇宙の法則」でそれはできないのですよ。

それについてはこのように言っておられます「宇宙の法則のよって、私たちは、なにをせよとみなさんには命令はできません。

地球のことは、地球のみなさんで自分で判断して行なうのです。

実行すれば、必ず私たちは援助します。」、これもまた地球的常識とはかけはなれているのですけれども、地球ではすぐに人に「なになにをしなさい!」とか命令してしまいますが、宇宙の常識といいますか法則では、このようなことはしないのですよ。

イ:はあ・・・?

渡:たとえばあなたにお子さんがいるとしますね。あなたがその子に一から十まで「あれをしなさい、これをしなさい!」と命令をしたり、その子の代わりに何でもやってあげたりしたとするとどうなりますか?

イ:それは、その子の成長や発達にとって大きなマイナスになると思います。

渡:そうですよね、それと同じですよ。

私の子供が一歳ぐらいの時に、すぐにストーブの近くに寄ってきてあぶなかったですよ。

それでしょっちゅう、「これはアチチよ!」と言って教えるのですけれども、またすぐに忘れて近寄ってしまう。

昔のストーブですからさわるとたいへんですよ。

あるとき本当にさわってしまってヤケドをして、ワンワン泣いてしまったんです。

幸いにも、かるいミズブクレができた程度ですみましたが、これ以来、ぜったいにさわらなくなりましたよ。(笑い)

イ:(笑い)よっぽど熱かったんでしょうね。

渡:そうでしょうね。

ですから本当の人間の進歩というのは、じっさいにそれぞれがいろいろなことを体験して、心の底から「なるほど、そうだなあ」と思って自分自身のものにし、そこではじめて一歩進めるわけですね。

ということは、たとえ宇宙人が姿を現わして、直接私たち地球人にあれこれ指導したとして、表面的にはうまくいったように見えましても、それは本当の意味で私たちのものになっていませんので、すぐにもとのもくあみになってしまうでしょう。

それではけっして地球のためにはならないということですね。

それどころか、私たちの進化にとって大きなマイナスになるんですよ。

イ:なるほど、そうですよね。

渡:しかし時にはね、宇宙の方々は私たち地球のために、その宇宙の法則に反するぎりぎりのところまでの行動を起こされることもあるのですよ。

このようなことも言っておられますからね「私たちが賢明なとりなしで原水爆戦争への出発を突然停止させるよう努力しなかったら、あなた方は今よりずっと以前に、宇宙のチリの斑点として忘却の彼方へ吹き飛ばされてしまっていたでしょう。

私たちはそれを破滅の寸前で止めようとしたのです。」とね。

イ:ということは、ひょっとして、核戦争になってしまうところを止めていただいたのでしょうか?

渡:そういうことでしょうね。

宇宙の方々は、地球がルシファー星(第五惑星)のようにコナゴナになってしまうことを、よしとされなかったんでしょうね。

イ:そうだったんですか。私たちは今まで、円盤や宇宙人が存在するとかしないとか、見たとか見ないとかのレベルでこのような問題をとらえていましたが、宇宙の方々がここまで私たち地球のためを思って行動されているとはマッタク知りませんでした。

渡:そうですね、この「宇宙の法則」で許される限度いっぱいの援助の手をさしのべてくださる宇宙の兄弟のお気持ちを思いますと、私たち人類は、いかに多くの宇宙の同胞の愛によって支えられ、生かされているかがわかり、おのずから謙虚な気持ちにならざるをえないですね。

第1場面 終わり


第2場面 地球の「世の終わり」がまじかに迫っていることについて

★地球と人類の進化

イ:先ほどまでのお話をうかがっていますと、宇宙の方々がそんなにまで私たち地球人のためを思って行動していただいているのは、なにかもっと深い意味があるのではないかという気がしてきたのですが・・・。

渡:実はそうだったんですよ。

私たちも、はじめは単にUFOに対する興味から研究に入ったのですが、コンタクトを進めていくうちに、地球と人類の進化に関するUFO来訪の重要な意味が、だんだんとわかってきたのですね。

イ:地球と人類の進化と、UFOと、なにか関連があるのですか?

渡:先ほど、私たち人間の永遠の学びと進化についてはお話しましたよね。

イ:はい、私たちは自分の魂のレベルに合った惑星に生まれて学び、卒業して今度はもう一段進化した惑星に行き、そこでまた学ぶというお話ですね。

渡:そうでしたね。

私たちはそうやって進化するのですけれども、遊星もまた私たちと同じように進化するのですよ。

イ:エッ!星も進化するのですか・・・?

私たちのような生命でしたら、先ほどの話で進化するのもわかるのですが、惑星のような生きていないものまでといいますと、なにかイメージがつながりませんが・・・。

渡:私たちは、ついつい自分たち人間や、それに近い動物だけが意志や感情のある存在で、そのほかのもの、植物や微生物なんかは、なんの気持ちも持たない無味乾燥なものだと思いがちですが、じつはそうではなくて、基本的には私たちと同じように意志も感情もあるのですよ。

それはもっと大きく言いますと、地球それ自体もじつは生命体で、同じことなのですよ。

イ:エッ!地球もですか・・・?たしかに植物にも感情があるというのはそのようなことを以前、本で読んだことがありますが、地球などの遊星になりますと、ますます難しい話になりますね。

渡:その本にはどのようなことが書いてありましたか?

イ:はい、それは実験の話しなのですが、たしかゴムの木にウソ発見機のような機械を設置しまして、電極を葉に取り付けてから、そのそばでウサギかなにかの動物を虐待するのですよ。

そうしますと、ゴムに付けました機械の針が大きく反応するというものです。

この結果によりまして、実験者はゴムの木にも感情があるのではないかと推測しているということでした。

渡:かなり残酷な実験ですが、植物にも感情があって、普通に思われているような、ただじっと立っているだけではないということがわかりますね。

イ:ええ、これを読んだときには、よく童話や昔話なんかで木とお話したりする場面がありますよね、それは本当だったんだと感激いたしました。

渡:それをもっと拡大して考えればいいのですよ。

私たちには魂がありますよね、それと同時にこの物質である肉体を持っていて、このなかでいろいろと思考したりしゃべったりしていますでしょ。

あの大きな木にもやはり意志や魂があり、私たちには聞くことはできませんが、やはり話しかけたりしているかもしれない。

そしてもっと大きくなって、地球のことを考えてみますと、この鉄やニッケルで出来た単なる物質の固まりは肉体なんですね。

その奥には、やはり私たちと同じように意志や魂があるんですよ。たぶんもっと大きな宇宙にさえね。

イ:エーッ、なにかとてつもないスケールのお話になってきましたが・・・。

渡:私たちの体にだって、いろいろな細菌などが住んでいるわけですよね。

すこし汚い話ですがミズムシなんかも元気に足の表面で暮らしてたりする(笑い)。

イ:ほんとうですね(笑い)。

渡:そうでしょ。そんな自分が、そのままグーッと地球の大きさまで拡大したとイメージすればいいのですよ。

イー なるほど、そうしますと私たちは地球にとってのミズムシということになりますね(笑い)。

渡:(笑い)いや、ひょっとすると、AIDSウィルスぐらいの悪童ぶりかもしれませんよ。

イ:そうですよね、私たちは森林を破壊して砂漠化に拍車をかけたり、排気ガスなどをまきちらして大気を汚染したりして、地球をいためつけていますものね。

もし地球も生命体だとしますと、集中治療室に入った重病患者のような状態になっているのかもしれませんね。

渡:まさにそのとおりなのですよ。

最近では、ジェームズ・ラブロックという科学者が「ガイア仮説」という説をとなえて、地球それ自体が巨大な生命体ではないか、と言っておられますが、それは真実なのですね。

宇宙飛行士も、宇宙から地球を見ると、なんともか弱い、空に浮かぶ生命体のように見え、いとおしく感じたと発言しているでしょ。

私たちは一見強固な大地の上に立って、少々のことではこの地球はこわれないと思っていますが、じつはたいへんデリケートな生命体で、それが今、あなたのおっしゃるように、人類のとどまるところを知らない物質的欲望のために、あらゆる面で危機にひんしているのでね。

イ:なるほど、そうですね。

渡:話はもどりますが、惑星は学校のようなもので、私たちはそこで学んで卒業していくのでしたね。

普通の学校でしたら小学校はいつまでも小学校で、中学校もそのままでしょう。

しかし、私たちの遊星という「魂の学校」は、学校自体が生きていますからね、小学校はやがて中学校に、中学校は高校に、高校は大学にと、私たちと同じように進化していくんですよ。

イ:はあ、遊星自体も進化成長していくというのは、なにか夢があっていいですね。

どのような感じで進化していくのでしょうか?

★進化の大周期 

渡:それはね、今の私たちの地球がそうなんですが「進化の大周期」といいまして、ある節目をもって、その遊星自体のバイブレーションがまったく変わってしまうのですよ。

地球ですと、まえに言いましたように、私たちのバイブレーションは、たとえば肉眼で見たりさわったりできる赤色から紫色の範囲でしょ、それがグッともう一段高い波動の段階になるのですね。

イ:エッ!、今の地球がそうなんですか?

渡:そうなんですよ。

現在は地球が、ハイ・バイブレーションの、理想的な地球に進化しているすばらしい時期、バラ色の時代なのですね。

イ:でも、環境問題や、自然災害、政治、経済、戦争など、どこに目を向けましても八方ふさがりの状況で、私たちは今だに解決策を見つけられずにいますし・・・、とてもバラ色の時代とは思えないのですが。

渡:たしかにそうですよね。普通の見方をすれば、今の私たちは混乱の極にいると思います。

それは1972年に出されたローマクラブのレポートというのがありましてね、そこには、あらゆる面から分析された地球人類に対する警告がなされているのですが、私たちは残念ながらその警告どおりの道をいまだに歩み続けていて、それがほとんど現実のものとなりつつあるんですね。

イ:はい。そんな状態から進化するということは、今から私たちは反省して、地球に対してやさしいエコロジカルな行動をとり、人類の知恵と科学技術を駆使して、この難局をのりきっていけるということでしょうか?

渡:今までの物質一辺倒の私たちの姿勢を反省して、少しでも改善していこうということは、たいへん重要なことだと思いますね。

その気持ちが新しい理想的な地球につながっていきますからね。

しかし、私の言っている進化、新しい地球というのは、今のこの状態の地球の延長上にあるのではないのですよ。

良いところだけ残して、悪いところを改善していくというのではなくて、まったく新しい、ハイレベルの地球に生まれ変わるということなんですよ。

イ:はあ・・・。

渡:現在の私たちの文明の姿、社会のあり方というのは、すべて今のレベルの人類、私たち一人一人の心・マインドが、形をとって表に現れたものなんですよ。

そうでしょ、少しでも便利なように楽なようにと考えて、自動車を発明したり、それを使うほうも排気ガスなどで環境には良くないのを知りながら、便利なので、ついつい乗ってしまう。

戦争なんかでも、悪いのはわかっていても、自国の利益とか、敵国への憎しみのために爆弾を落としてしまうとかね。

この混乱をきわめた状況は、私たち人類の一人一人の心のあり方と密接な関連がありますから、いくら形になって現われたものだけを改良しようとしても、どうにもならなくて、私たち自身が変わらないといけないんですね。

イ:ということは、今の地球の文明は私たちの心・思いが作ったと・・・。

渡:そういうことですね。

イ:しかし、私たちの思いぐらいで文明が左右されるものなのでしょうか?

渡:いや〜、人の思いというものは、私たちが考えているほど軽いものではありませんよ。

反対に私たちの思いがないと文明は生まれませんしね。

考えようによっては、あたりまえですよね、形になりませんからね。

もっと極端な話をしますと、思いが物質にまで作用するのですよ。

イ:物質に作用するというのは・・・?

渡:このような実験をされた人がいるのですよ。

寒い、暗い部屋にネコを入れておくのですね。

そしてその部屋に電球をつけておいて、スイッチにはアトランダムについたり消えたりする装置をつけておくんですよ、スイッチが入ったり切れたりするのはなんの法則制もないのですが、長い時間で統計をとりますと、ダイアルのセットのしかたによりまして、50%なら50%の電球がともる確率があるわけですよ。

しかしネコをこの部屋に入れておくことによりまして、なぜかダイヤルでセットした本来のスイッチがオンになる確率よりも、パーセンテージが高くなるというんですね。

イ:ということは、そのネコの、明るく暖かくありたいという願いがその機械まで届くということでしょうか?

渡:そういうことかもしれませんね。ネコの思いが、なんらかのかたちでスイッチという物質に作用して、電球のともる時間が長くなるのでしょうね。

イ:なるほど・・・。以前、タルコフスキー監督の「惑星ソラリス」という映画を見たことがあるんですよ。

くわしくは覚えていませんが、この星に行った宇宙飛行士が色々と不思議な体験をしまして、3メートルもあるような巨大な赤ちゃんが海を泳いでいたり、自分のお母さんや家族が突然なぜか現われたりするという現象に出会って苦労するのですよ。

でもそれが、よく考えてみますと、この惑星では人間の考えたこと、イメージしたこと、無意識にでもフッと心にうかんだことなどが物質化され、現実のものとしてその人の目の前に出現するということがわかってきたんですよ。

渡:それはたいへんですね。

イ:ええ、ですからここにきた人は、自らの内面の旅を現実の世界として、じっくりと体験せざるえないという状況になりまして、主人公もついにはこの惑星にできてしまったふるさと、川が流れ家族もそろっている自分のイメージが作った世界で、自分の人生を自問自答しながら生活してしまうという内容だったんですよ。

渡:はあ。

イ:これを見たときは、なんとおもしろい発想の映画だろうと思いまして、たいへん感心したんですけれども、今のお話をうかがっていて気がついたんですが、この惑星ソラリスは、実は私たちの住んでいる地球のことではないかと思ったんですよ。

渡:そうですね、その原作者は、なかなかいいところに着眼されていると思いますよ。

もちろん小説ですから、オーバーに表現されているでしょうが、基本的にはその通りだと思いますね。

これまで人類は、自分たちの心を形として外に現わして、それらをさまざまに発展させて、そこから善かれ悪しかれ私たちはいろいろなことを学んできたんですね。

それが、現在までの数千年の人類の歴史なのですよ。

それが今度の私たちの迎えています「進化の大周期」というのは、地球も、人類も全生物一切のものが今のレベルを卒業して、より高い段階の地球になるということなんですよ。

ですから私たちも、新しい地球で、新しい人類の心が、まったく新しい段階の「形・文明」をゼロから生みだしていくのですよ。

イ:なるほど、それで新しい地球は今の状態の延長上の地球ではないのですね。

渡:そうなんですよ、今までの私たちの心が作った道具は、すべてこれまでの学びに必要な、大切な道具であって、これらはすでにその役割を終えつつあるんですよ。

私たちの心が一大進化をとげようとする「チェンジ」の時に、そのもともとの姿であった「無」にかえるのですからね。

イ:はあ、そうなんですか。わかりました。・・・

でも、お話のスケールがあまりにも大きいのと、今までの私のもっている知識とのギャップがありすぎまして、少し頭が混乱していますが・・・。

具体的にいいますと、都市も、農村も、科学技術も、政治や経済のシステムも、すべてが崩壊してしまうということですよね。それには、なにか不安を感じますが・・・。

渡:そうでしょうね。古い地球に対する執着心がありますと、これはまさに「世の終わり」そのものと映るかもしれませんが、しかし、けっして悲しむべきことではないのですよ。

人類の心、魂は不滅で、そして地球もさらにいろんな動植物の魂もすべて不滅ですからね。

イ:はあ・・・。

でも、もしもですよ、その「変化の大周期」がきまして、すべてが崩壊したあとに、きたるべきハイ・バイブレーションの地球がなっかたら、たいへんなことになりますよね。

渡:そうですね。そんなことになりましたら、たいへんですよね。

たんなる「世の終わり」がきただけで、地球が進化せずに同じバイブレーションのままでしたら、また一から、同じことを繰り返さなければならないことになってしまいますよね。

最悪の場合は核戦争などが起こったりしますと、第五惑星のようにコナゴナになってしまって、地球自体がなくなってしまいますしね。

イ:はい、そのような不安はないのでしょうか?

渡:過去にはそのようなことがあったのですが、今回はだいじょうぶなのですよ。

イ:過去にあったといいますと・・・?

渡:実は、今回のような地球が進化する「チャンス・大周期」は、過去に6回あったのですよ。

たとえば、ムー大陸やアトランティス大陸のあった時代や、有名なノアの箱舟伝説のときとかにね。

イ:はあ、そうだったんですか。その時は、地球のバイブレーションは上がらなかったのですか?

渡:はい、残念ながら上がらずに、ノアの伝説のように、また一から同じレベルの文明を作ったのですね。

なぜこのようなことになるかと言いますと、「大周期・世の終わり」には「失敗の世の終わり」と「成功の世の終わり」とがあるんですよ。

イ:失敗と成功ですか。

渡:これも、少しむつかしい話になるのですが、地球にもいろいろな次元の地球がありましてね。

たとえていいますと、映画のことをイメージしてくださいよ。映画にもスクリーンに映って私たちが見るまでに、いろいろな段階があるでしょう。

イ:はい、撮影現場とかですか?

渡:そうですね。まず一番はじめに、原作者がこんな映画を作ろうと思い、頭のなかでストーリーや映像を考えますよね。

それが最初の段階ですね。

そのつぎに、シナリオや絵コンテの世界、そして撮影現場、それからフィルムでの世界ができて、映写機の光にのってスクリーンに映り、そこではじめて私たちが見れるわけですよね。

地球もこれと同じなんですよ。

イ:ということは、今、私たちが見ている世界は、映画でいいますとスクリーンの上の世界だということでしょうか?

渡:そのとおりなんですね。

さきほどから言っているハイ・バイブレーションの地球を実現するには、地球での各段階・次元で完成していかなくてはならないわけですよ。

まずは、原作者の発想の段階、これは「無の世界」というんですけれども「宇宙創造神・天の神様」の思いの世界とでもいいますかね。

★宇宙創造神 

イ:「天の神様」といいますと・・・?

渡:はい、これは宇宙人のメッセージのなかに「神」という言葉として時々でてくるのですが、宇宙人が「神」と言われるときは、宇宙全体を創られ、今も創り続けておられる唯一神のことを表現されているんですよ。

イ:宇宙人が神様のことを語られるのですか?

渡:そうなんですね。

私たちもはじめは、UFO・宇宙人と神様がどのような関係にあるのか、よくわからなかったのですよ。

特に私たちの地球では「神」という言葉ほどいろんな人々に、いろいろな使われ方をしまして、誤解や紛争の種になっている言葉はありませんからね。

それで、この言葉にたいしてアレルギー反応をしめされる方もおられますからね。

しかし、宇宙人とのコンタクトを進めていくにしたがいましてわかってきたのですが、宇宙では私たち以上に、いや比べものにならないほどに神とともに生きておられて「神への祈り」のなかで生活しておられますよ。

イ:神への祈りですか。

渡:そうですね。この祈りというのは、みずからの小さな自我をはるかに超えた偉大な存在を実感し、全生命に思いを致す心とでも言いましょうかね。

私たち人類は、この一番大切なものを忘れてしまって、祈っていたとしても形骸化していたり、自分の欲望の実現をお願いしていたりしますがね。

イ:本当にそうですね。私の家は仏教徒なのですが、祈りは確かに形式になっているような気がします。

渡:「神様」というものを、もっと身近に実感することが大切なんですよね。

たとえば、1960年当時に「神の霊感」ということについて、宇宙の方に聞いたことがあるんですよ、するとこのような答えが返ってきましたよ「たとえば、お昼になって、おなかがすいてきたなと感じるのも、神の霊感なのです」とね。

イ:エッ、そのような身近なことも「神の霊感」なんですか?

渡:そうなんですよ。

私たちは神の霊感といいますと、なにか神がかりになってお告げを述べる巫女さんの姿などをつい想像してしまいますが、本来の神の霊感とは、特別なものでもなんでもなくって、日々私たちが感じている自然な思いなんですよ。

それによって私たちは生かされているんですよ。

イ:では、もしかしますと、神の霊感がなければ、極端なはなしでは呼吸もできなくて死んでしまうかもしれませんね。

渡:そうかもしれませんね、この宇宙のもの全ては「天の神様・宇宙創造神」が、絶え間なくエネルギー・愛を送られて創造しておられるのですからね。

こういったことを実感していただくことが大切でね、自然な状態で生きている動物や植物は、つねにこの「神の実感」の中にあると思いますよ。

イ:はあ、なるほど。としますと、神様というのは、なにか光のような、すべてのエネルギーの中心のような、輝かしい感じの存在なのでしょうね。

渡:そうとも言えますが、また同時に人格神ですからね、宇宙人の話によりますとそのお姿は、けっして私たち地球人が想像するような威厳にみちた金襴豪華なものではなくて、本当に質素でね、あたりまえのお姿で、たとえ横に立っておられても真の目で見ないと見過ごしてしまうようなお方だということですよ。

イ:それはおもしろいですね。ジョン・デンバー主演の映画で「オー、ゴッド」というのがあるんですけれども、そこにでてくる神は、どう見てもどこにでもいる普通のオジサンなんですよ。

メガネをかけて野球帽をかっぶてジャンパーをきてマーケットで買物をしていたりするんですよ。

渡:(笑い)それはすこし神様がかわいそうですね。

イ:はい。マーケットで買物をされるのは、ジョン・デンバーになにかの使命があるかなにかで、はなしかけるきっかけのためなんですけれども、もちろん彼には、それが神様だとは思えないんですね。

それでドタバタしているうちに真理と自分の使命に気づいていくという話だったのですが、ほんとうにそんな感じなのかも知れませんね。

渡:めったに野球帽はかぶられないとおもいますがね(笑い)

しかし、神様はけっして金ピカのおどろくほど豪華な神殿のなかにおられるはるか彼方の存在ではなくて、もっと私たちの身近におられ、直接に愛を送られている方だということを、その映画はうまく表現しているのかもしれませんね。

イ:なるほど、そうですね。

渡:・・・そうそう、映画を作るのにいろいろな段階があるように、地球にもいろいろな段階・次元の世界があるという話をしていたのでしたね。

イ:ああ、そうでした。


★宇宙の儀式とワンダラー 

渡:それで、天の神様の思いの段階「無の世界」で、今度のハイ・バイブレーションの地球はこんな感じにしようと、神様が宇宙に絵を描かれるんですよ。

しかし、宇宙の法則で99、9%を神様が描かれましても、地球のことは地球人が参加しないと絶対に完成しないんですね。

ですから、うまく地球人が、これに参加することができますと、この描かれた新しい地球は現実のものとなりますが、もし参加できないと、あたかも定着液に浸さなかった写真の印画紙のように、その絵は消えてしまうんですよ。

イ:それはたいへんですね。それにはどのようにして参加すればいいのでしょうか?

渡:そうですね、これも話せば長くなるのですが、簡単にいいますと、このように神様がハイ・バイブレーションの地球の絵を描かれること、新しい学びの場・遊星を無から創造されることを「儀式」とか「宇宙の儀式」などと呼ばれているんですけれどもまあ英語でいいますと「セレモニー・オブ・プラネタリー・クリエイション」とでもいいますかね、この儀式に参加する役目の地球人の方々がおられるわけなんですよ。

イ:参加する役目の地球人ですか?

渡:はい。それは、宇宙人に「ワンダラー」と呼ばれている人々がいましてね、金星や土星などの私たちの太陽系の方々や、もっと遠いところの人もおられるんですけれども、地球のような「進化の大周期」のきた遊星に行って、その星が進化するのを手助けする集団があるんですね。

しかし、なんども言っていますように宇宙の法則で地球のことは地球人が行動しないといけませんので、このワンダラーのなかには「魂」で円盤にのって地球にきて、地球人の両親から心も肉体も地球人として生まれて、その手助け・使命をはたそうとしておられる方々がいるんですよ。

ですから、これらの方々は、魂は宇宙からきておられますが、そのほかは完全な地球人なんですね。

イ:なるほど、それで宇宙の法則に反しないわけですね。

渡:そうですね。それで、この地球に生まれてこられたワンダラーのなかにもいろいろな使命を持った方々がおられまして、たとえば初めに言いましたアメリカのダナ・ハワードさんやケネス・アーノルドさん、アダムスキーさんなどは、UFOの存在を多くの人々に知らせる役目、いってみればPR・公報係みたいな使命を持っておられたんですが、そのほかの使命のひとつとして「宇宙の儀式」に参加する役の方々がおられるわけですね。

イ:それはすごい使命ですね。どのような方がその儀式に参加されるのでしょうか。

渡:たしかにたいへんな使命で、それなりの魂の方が参加されるんですけれども、かといってその方が、どこかの国の大統領や有名な宗教家のような人かというとそうではなくて、地球的・世間的にはごくごく普通の方ですよ。

ワンダラーは「宇宙のエントツ清掃人」と呼ばれていまして、縁の下の力持ち的存在ですからね。

イ:いったいそのワンダラーは地球上に何人ぐらいおられるんでしょうか?

渡:今はわかりませんが、1960年ごろに聞いたところですと、約1000万人ぐらいだということでしたよ。

イ:そんなにおられるんですか。

渡:はい。

しかしね、この方々が全員それぞれの使命にめざめて行動されると地球の進化もたいへんスムーズにいくんですが、それがなかなか難しいんですよ。

なぜかといいますと、ワンダラーは生まれたときから自分の使命に気づいているわけではありませんからね。

なにしろこの地球は物質的波動の重厚なロー・バイブレーションの世界でしょ。地球にくるときは使命に燃えてやってくるんですが、この重い肉体と低い波動の環境に出てくるやいなや、困ったことに全てを忘れてしまうんですよ。

また、思い出して使命を開始したとしましても、いろいろな誘惑に負けてしまったりしますしね。

たとえば日本から高い理想を持って海外青年協力隊に参加したとしますね。

ところがその行き先がとんでもない所で、犯罪は多発しているわ、ワイロやコネが横行してるわ、人々は向上心というものがまったくなくて、目先の自分の利益しか考えていないとかで、初めはそれに対していきどおりを感じていても、そのうち自分までがそんな環境に染まってしまうようなものですね。

地球というのはそれぐらいすごいところなんですよ。

イ:それはたいへんですね。

渡:ワンダラーは、そんななかで自分の使命にめざめなければならないんですよ。

もちろん、宇宙の方々も出来るかぎりの援助を一生懸命してくださいますよ。

テレパシーで語りかけたり、UFOの姿を見せたりしてね。

ひょっとすると、その宇宙人は魂において知人だったり、兄弟などの肉親だったりするのかもしれないのですよ。

イ:はあ、なにかとてつもないスケールの、美しい物語ですね。

渡:宇宙人はコンタクティに、このように言われましたよ。

「あなたがたは、ではいったい、なにをしたらよいのかと考えています。

なにをなすべきかは、私たちは、あなたがた一人一人に、テレパシーでお伝えします。

行いは、自分で判断するのです。

自分で判断して、正しい、これは必要だと心ですなおに思うことを実行してください。

私たちも、創造主の御手をかりて、みなさんを指導しましょう。

宇宙の法則によって、私たちは、なにをせよとみなさんに命令はできません。

地球のことは、地球のみなさんで自分で判断して行うのです。

実行すれば、必ず私たちは援助します。

地球の人々よ、目を上げなさい。

みなさんは一体となって、ひとつの目的に進んでください。

私たちは待っています。

みなさんの行動を見つめています。

あなたたちの語り合いに耳を傾けています。

勇気をもって立ち上がってください。儀式によって救われます。」とね。

イ:なるほど、自分でめざめて、自分で判断し、そして行動しなければならないわけですね。それはたいへんですね。

渡:そうなんですよ。

「儀式によって救われます。」と言われましても、それに参加する役の人にとりましてはたいへんなことなんですよ。

それが、たとえ天で99、9%できていて、残りの0、01%だとしましてもね、できるかぎりの援助はしていただけるものの、直接「こうしなさい」とは言われないわけですからね。

かすかなヒントや心に湧く思いを手がかりに、自分で判断して参加しなければならないんですよ。

しかしね、いったんわかりますと強い信念をもって行動できるわけなんですよ。

なぜなら人から聞いたり命令されたりしたわけではなくて、自分の考えで、確信をもって参加するわけですから、これは本物ですよね。

イ:ほんとうですね。それは難しいですが、本来はそうあるべきですね。

渡:それでね、過去6回はこの「宇宙の儀式」に地球人が参加できなくて「失敗の世の終わり」になってしまったわけですが、今回の7回目のチャンスには、さきほど言いました「無の世界」から各段階の次元の世界・地球まで地球人が参加して、ついに新しい地球、ハイ・バイブレーションの地球ができたんですよ。

あとはスクリーンの上つまり私たちの目に見えるこの次元の世界におきまして「成功の世の終わり」をむかえて「新しい地球」が出現するばかりなのですよ。

イ:なるほどそうなんですか。それで「バラ色の時代」だといっておられたんですね。
                               
                    第2場面 終わり 第3の場面へつづく

_____________________________________

今回はここまでにしましょう。

ほんの序章ですがゆっくり、でも確実に理解していくことが大切ですしね。

続きは次回載せます。

このインタビューの内容を読んで(ありえない。嘘だ!)と思ってもらっても構いません。

こんなものを初めて知って突然信じろ!と言っても信じることのほうが難しいですからね。

ただ、最初から全てを嘘と決めずに、(でもまぁ、次も読んでみよう!)

そう思ってほしいのです。情報を受信だけでもしてほしいです。

招待状をもらってそれを破って捨てるも、意識してみるも、あなたが決める事です。

ただ招待状だけは受け取ってくださいね。

そのためにも、次のインタビューを読んでほしいと思います。

ちなみに今回のインタビューの内容だけでは夢との共通点も、

イベントのこともまだ分かりませんよね。

いよいよ次回分かります。

godhand.jpg
<「宇宙からの黙示録」渡辺大起著より 「地球を包み込む神の手」>
☆★☆★(カルマ数UP)魂の次元をあげるためにやっておくと良い事☆★☆★

◎枯れそうな花や草花には水を与えてください。
    また、花の水やりは忘れないでください。

◎ペットを飼ってる方も、食を与えるのを忘れないでください。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
六つのランキングに参加しております。なにか感じることがあれば一つでもいいので一票いただけると嬉しいです。クリックをするだけで投票できるシステムです。

        こちらのクリックもお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>


スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:

アセンション関連の夢          (予知夢) | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<伝え(3章)夢との共通点 | HOME | 伝え(1章)不思議な夢>>

この記事のコメント

現在アリゾナ州に住んでいます。UFOも幼い頃何度が見た記憶があります。真っ赤な夕暮れ時の地平線に近い空で,凄い勢いで,くるくる回りながら複数の物体が空を飛んでた記憶です。もう一つは父と夜歩いていた時、結構大きい物体で,音も立てずに頭上を過ぎて行き,何だろうと思った翌日に”謎の物体飛行船”と言う内容で新聞に載っていたと言う記憶もあります。
渡辺大起先生の生前インタビューを読み終わり、感動と至福の気持ちでいっぱいになりました。読みながら、その光景がビジュアル化され,その場にいるような気持ちにさえなりました。最近アセンションの事もいろいろと学んでは居たのですが、情報を得る程、気持ちの浮き沈みも多く、落ち込む事も多かったのですが、魂として、人間として,いずれかの形で皆救われるという結論を聞き、本当に救われました。それと今は日々の生活で行っている事の中での努力が大切だと言う事。私が出来る事を精一杯して行こうと私の魂に誓う事が出来ました.本当に有り難うございました。今度UFOに遭遇したら、話しかけてみたいです。
2008-02-04 Mon 15:43 | URL | エリ作 #-[ 編集]
エリ作さん。コメントありがとうございます。
渡辺さんのインタビューは読んでて気持ちのいいものでしょ!?
エリ作さんの見たUFOの意味も分かってくると思います。
喜びましょう。

多くの本やネットの情報ではあたかも2012年に世界は滅亡すると言うかのように書かれています。
実際はそんなものではありません。
落ち込ませて・・・そんなためのものなだけです。
ちなみに世の中には何かしら抜け道があります。
どんなに悪いことがあっても抜け道は必ずあるようにできています。

よって、「世界にわざわいがふりかかり・・・どうしようも無い。」と言う情報は信じない方がいいと思います。
ただし、こんなパターンの記事は信じてもいい情報です。
「世界にわざわいがふりかかり・・・そうならないためにこのようなことをする必要がある。・・・」
このパターンならOKです。

今回のアセンションは幸せを持ってきてくれくれます。
簡単に言えば、宇宙の交流ができる世界が訪れる。
そういうことです。

ちなみにエリ作 、魂を磨こうとするなら今年の5月ごろまでにははじめてください。
詳しいことは後にお伝えします。
2008-02-04 Mon 19:08 | URL | タカ #-[ 編集]
早速のお返事ありがとうございます。5月といえば日本に一時帰国をする予定となっています。こちらでの子供の夏休み2ヶ月間、日本(滋賀)で過ごす予定です。去年レイキマスターをとりましたので、その実践。地球の平和についてはお祈りしています。いま生活の中でしている事は、子供の学校でのボランティア活動、日本文化の紹介。書道の講師などです。魂を磨いて行く為のもっと詳しい内容、楽しみにしています。
2008-02-05 Tue 15:12 | URL | エリ作 #-[ 編集]
エリ作さん、5月にこちらに帰ってくるんですね。
いい夏休みになること祈っています。
エリ作さんは魂を磨くためにそこまで頑張らなくてもいいかもしれませんね。
平和と幸福を心から望んでいるようですし、活動も沢山やっておられます。
魂を磨いていく=周りに笑顔を増やすと考えてもらっていいと思いますよ。
ただ、「笑顔が心からの笑顔なのか?」
「ここは笑顔にさせない方がいいのでは?」
という場面が難しいところです。
2008-02-05 Tue 16:33 | URL | タカ #mQop/nM.[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-10-11 Sat 19:36 | | #[ 編集]
れ○さん(非表示コメントの方)、ご訪問コメントありがとうございます。
黄色い文字が見えないとの事ですが、携帯電話からの観覧でしょうか?
携帯電話から観覧すると見えにくい記事となるものが1部あります。
今回ご報告いただきましたので文字色をオレンジに変更して対応させていただきます。
少しは見やすくなると思いますよ。
また何かあれば遠慮せずに言ってくださいね。
2008-10-17 Fri 16:14 | URL | タカ #mQop/nM.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
ブログExchange
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。